クラブ概要

愛知県瀬戸市、せともので有名な、のんびりとした町です。
この地において、2000年4月創立以来、地域の皆様に愛されるクラブとして、
サッカーの大好きな子供から大人まで多くの地元選手が活躍しています。

クラブプロフィール

名称
特定非営利活動法人 瀬戸フットボールクラブ(略称:瀬戸FC)
所在地
愛知県瀬戸市末広町2丁目14番地
創立
2000年4月
2014年10月 NPO法人化
理事長
大橋徹太郎
連絡先
TEL/0561-82-3592
練習場所
<キッズ・ジュニア>

深川小学校グランド・陶祖グランド・水野中学校グランド・瀬戸市民グランド

<菱野スクール>

萩山小学校グラウンド・八幡小学校グラウンド

<水野スクール>

みずの坂中央公園・西陵公園

<ジュニアユース>

水野中学校グランド・陶祖公園グランド・瀬戸市民グランド

<TOPチーム>

水野中学校グランド・瀬戸市民グランド

所属人員数
・キッズ・ジュニア 130名
・ジュニアユース 50名
・TOPチーム 30名
クラブ構成
・TOPチーム

愛知県1部リーグ所属 東海リーグを目指し活動

・ジュニアユース

U−15 U−14 U−13の中学生で構成

・ジュニア・キッズ

幼児から小学6年生で構成

理事長(代表)あいさつ

_DSC6265.jpg
こんにちは、瀬戸フットボールクラブはキッズから社会人までサッカーが大好きな選手達が210名、スタッフが24名所属するクラブです。サッカーを通じて一貫指導の下「あいさつ」「感謝」「礼儀」「おもいやり」等メンタル面での徹底をする事により青少年の育成を図り、また健全な心身の元、地域に貢献できる人材を育成できる様 日々活動しております。そして高校を卒業後、大学生 社会人になってもサッカーに携われる環境をを提供し選手を退いた後も指導者として子供達の指導にあたれる様 育成できる そんなクラブを目指しています。

フロントスタッフ

管理部

久保 直美 

_DSC6504.jpg

管理部

鈴木 禎尚 

_DSC6578.jpg

社会人管理部

山田 剛

_DSC6407.jpg

コミュニティープランニング

大石 徹二

_DSC7554.jpg

サッカーディビジョン

部長

信原 正人 

_DSC6528.jpg





「サッカーで人を幸せにする」
この素敵なテーマを一生追求できる場所、それが瀬戸フットボールクラブです。
所属する選手全員が純粋に夢中でボールを追いかける。
それがそのまま自分自身と支えて下さるご家族らの幸せを追いかけることにつながります。
我々は、瀬戸FCに所属する子供から大人の選手達はもちろんのこと、
フロント役員からコーチ陣スタッフ、サポーター、スポンサー、それらのご家族まで、
クラブに関わる全ての方々の幸せを願って活動して参ります。
我々の活動が育ててくれた瀬戸の町への恩返しとなることを願って。

アドバイザリーボード

メソッド・テクニカルアドバイザー

鈴木 理一郎

_DSC5745.jpg


プロフィール
学生時代から母校(國學院大學栃木高等学校)のコーチとして指導者をスタート。
外部コーチとしても越谷市内中学校で指導、プロのサッカー指導者への憧れを抱き、クーバー・コーチン グ・アカデミー(現クーバー・アカデミーオブコーチング)へ入学
その後クーバー・ コーチングにて11年間、関東・東海地域で5~15歳の少年少女を指導。トレセン活動や協会主催行 事をサポート。
2010年8月より日墨交換留学生 (政府 間同士の交換留学制度)として、(公財)日本サッカー協会より推薦を受けメキシコへ渡る。
プロクラブ(UNAM PUMAS)での研修、 メキシコサッカー連盟アカデミーでの指導、指導者養成学校でのライセンス取得
2013年に帰国。帰国後も、メキシ コU16代表サポートスタッフやメキシコサッカークリニックで日本とメキシコサッカーの掛け橋的な活動を継続。
2014年3月より Club Atletico GIRASOLを立ち上げ、「教え子と一緒に世界大会へ出場する」 目標を掲げ、熱血指導中。

【ライセンス・受講コース】
(公財)日本サッカー協会公認B級コーチライセンス
(公財)日本サッカー協会公認キッズリーダーライセンス
メキシコサッカー連盟レベル2ライセンス
FIFA国際サッ カー連盟グラスルーツコース受講
(公財)日本 サッ カー協会公認キッズコーチコース受講

ディビジョン・ダイレクター

今井 稔 

_DSC7578.jpg


プロフィール
(私)聖パウロ学園高等学校教頭・(株)代々木学園学務部長 を経て2003年より (私)帝京大学可児高等学校中学校へ
イギリスのパブリックスクールを模したカトリック進学校と独自のメソッドを持つサポート校運営から、サッカー部部長・総監督へ転身
パウロには日本の政財界を背負ういわばエリート家庭のお坊ちゃん、代々木には既成の学校に背を向け自分探しをする面々、
そして、明けても暮れても球三昧のサッカー小僧との可児での日々は
2003年中学サッカー部を強化指定、創部3年目にして全国中学校サッカー大会に初出場しベスト4に進出
2012年全国中学校サッカー大会、7回目の出場で初優勝 全国制覇!
同じく同高校サッカー部を2004年より強化指定、3年で岐阜県を制し全国高校サッカー選手権大会初出場!
インターハイ全国大会出場4回(最高位ベスト8)、選手権全国大会出場4回、新人戦県大会優勝4回
「愛されるサッカー部」を掲げ、ルールとマナーをプレー同様に大切にする東海地区有数の中 高一貫強豪校へ

2016年 Guardian Lions 誕生! ここから 4つ目のミッションが始まる 

テーマは ROAD TO DREAM 
      ・・・ 共に夢を掴むため 最高の準備を・・・

「祈るだけじゃ 女神は振り向かない
準備だ!その刻のために全てを注げ!
きっと 女神は君に微笑む」

クラブ理念

瀬戸FCではキッズからTOPチームまでサッカーに対し情熱ある男女が年齢に関係なく「生涯スポーツ」としてサッカーを心から楽しみ 地元選手を中心として地域に根付いたクラブを目指します。

運営理念
地域に根ざしたチーム
地元選手の育成
指導体制の研究、強化
一貫指導の徹底
指導者の育成
チームの発展
クラブのレベルアップ=地域のレベルアップ
愛知県を代表するクラブへ
人格の形成
瀬戸FCの選手としての四カ条を常に忘れないこと
「あいさつ」「感謝」「礼儀」「おもいやり」
一人のサッカー選手である前に、一般社会のなかの一人であること